プロフィール写真をカッコよく撮るコツは?

プロフィール写真をカッコよく撮るコツは?

プロフィール写真と普通のスナップ写真との決定的な違いとは何でしょうか?
プロフィール写真は、そこに写っている人の名前を背負うという大きな仕事があると思います。
スナップ写真には、そこにある風景を切り取り、思いや雰囲気、または記念、思い出と言った刹那的なイメージを残すという役割があると思います。

プロフィール写真の横には必ずその人の名前があり、多くは初めてみる人で、「この人はこういう人なのだな」と、そこに書かれている経歴や肩書きとともにインプットされるのです。

そんな大切なプロフィール写真こそ、きちんと撮影するべきなのです。
ですから、プロフィール写真をカッコよく撮りたいのであれば、まず、きちんとしたスタジオでカメラマンに撮ってもらうということが一番大切だと思います。

カッコ良く撮るために衣装やメイクは?

そこに写っている人が素敵と思われるためには、もちろん被写体をカッコよく作り上げなくてはなりません。そのためにはメイクは必要不可欠です。メイクに関してはほかのところでも書いているので割愛しますが、一番簡単で近道なのはヘアメイクをしっかりする事で男性でも女性でもカッコよく見えるという事です。特に大げさなメイクをする必要はありませんが、髪や肌を整える事で、その人の醸し出す雰囲気が一気に何割り増しにもなり、大人の余裕を表現することができます。

メイクを自分でするときは、少ししっかり目にした方が写真では綺麗に見えます。いつもより少し大げさなくらい、メイクをした方がいいです。ヘアも同じですが、ヘアはあまり頑張りすぎると、少しやりすぎ感が出て、かっこ悪くなってしまうかもしれません。あくまで自然に、女性は少しふんわり仕上げると顔周りが華やかに、そして若々しく見えます。

メイクのコツはなんと言っても今の雰囲気作り!

メイクをするときに気をつけたいのは、古臭いメイクにしないこと、これに尽きます。自分らしいメイクは大切ですが、一般の方は、ややもするとメイクがある時代で止まってしまっていることがあります。その人が輝いていた時代でメイクは止まってしまう、とよく言いますが、それが特に老けて見せる原因となります。特に派手なメイクとか、若い子のメイクと同じにする必要はありません。ただ、その時代時代の流行りはあります。例えば、ツヤ肌の流行っている時代に、白粉やパウダーでマットに仕上げてしまうと、それだけでなんだか古臭い写真に思えてくるのです。ヘアも同様です。もし可能であれば、やはりきちんと信頼の置けるヘアメイクさんに作ってもらうことで、かっこいい!と思える写真が完成するのです。

かっこいい写真とは、アートな写真のこと?

若い方がかっこいい写真というときは、背景が暗かったり、イメージが先行していたり、ということがよくあります。または、CGを使ってかなり作り込んだり、背景が非現実的だったり、そういった写真は確かにかっこいいものです。

しかし、プロフィール写真にとって必要なのは、あなたがかっこよく見えることであり、センス良く見えることなので、背景やそれに付随するものは正直あまり意味がないと思っています。暗い目か、明るめか。サイトにあった色を使うか使わないか。または外で撮るか中で撮るか。

そういったことよりも、そこに滲み出るセンス、あなたの笑顔、人としてのかっこよさ、それが出ている表情が撮れれば成功です。そういったことを考えてから、イメージを練り上げればプロフィール写真で失敗することはないと思います。

撮影よりもそこに至るまでのプロセスに気を配りましょう。